転職したいけど自信がない【自分の市場価値を知ると安心】

「転職したいけど自信がない」というその要因は、経験・スキルの不足、転職が多い経歴によるものです。

スキルを身につけることで自信を得ることができますが、すでに転職を意識しているなかでは時間がなくて難しいでしょう。

企業側からオファーしてもらえる転職サービスを利用することで、そのプロフィールを見た企業が「自社の求める経験・スキルだ」と判断すればオファーしてもらえます。つまり、オファーが届く数で、自分の市場価値を知ることができます。

登録しておけば、良いオファーがあったときにだけ応募するという効率的な転職活動ができます。転職したいけど自信がない人は、検討してみると良いでしょう。

転職したいけど怖くて動けない【不安を払拭して前に進む】

転職したいけど自信がない

自分に自信がない要因とは

  • 経験・スキルに自信がない
  • 転職が多くて(採用してもらえる)自信がない

転職したいけど自信がないのは、経験・スキルの不足、転職が多い経歴によって自分の価値を信じることができないことが要因です。

自信につながるスキルを身につけることが順当な方法です。しかし、今の職場にこれ以上いられないときは、スキルを身につける時間的余裕も気持ちの余裕もないでしょう。

いま現在の自分の経歴・スキルが、転職市場でどれほどの価値があるのかを知ることでも、自信を取り戻すきっかけになります。

スキルに自信がない

  • 今の職場をとにかく辞めたいけど、スキルに自信がない。
  • 未経験の職業に挑戦したいけど、スキルに自信がない。

転職においてスキルに自信がないことが悩みになるのは、おもに上の状況です。

今の職場をとにかく辞めたい

今の職場を辞めたい気持ちが先行していると転職活動の壁になるのが、今のスキルを買ってもらえる職場があるかどうかです。スキルに自信がないのを自覚しているけど辞めたくて仕方ない場合は、転職活動が困難になりがちです。

今の職場への不平・不満は転職の動機にできません。応募した企業に自分のスキルを売り込まなければ、企業側がメリットを感じないからです。

今のスキルを買ってもらえる企業が手を挙げてくれれば、この悩みは解決するでしょう。そこで利用したいのがオファーによる転職活動です。プロフィール(職務経歴)を入力しておけば、その経歴・スキルで大丈夫だと判断した企業がオファーしてくれます。

  • オファーの時点で、自分の経歴・スキルをすでに買ってもらえている。
  • どのくらいオファーがもらえるかわかるので、自分の市場価値がわかる。

今の職場をとにかく辞めたいけど、スキルに自信がない人は、企業側からオファーしてもらえる方法で転職活動を始めるのが良い方法と言えるでしょう。

未経験の職業に挑戦したい

未経験の職業に挑戦したいときは、いままでの経験・スキルを活かすことができないことが大きな壁となります。転職活動では、経験・スキルを未経験の職業にどう活かすことができるか、上手に置換して説明するテクニックが必要です。

とはいえ、「挑戦したい」というポジティブな転職になるので、企業側でも好意的にみてもらえることが多いでしょう。

もし、20代ならスキルがなくても、ポテンシャル(成長の可能性)を買ってもらえます。重要となるのは志望動機や自己PRです。転職成功の確度を上げるなら、20代限定の転職支援サービスを利用する方法が効率的です。

20代の転職に特化した転職サービスでは、未経験の職業への転職者向けのセミナーを実施しています。たとえば「IT未経験の転職セミナー」「事務未経験の転職セミナー」など。こういった転職セミナーを受講することから始めてみると道が見えてくるはずです。

私は20代で6回の転職をしています。スキルの代わりに体力でなんとかなる職業への転職、またはポテンシャルを買ってもらった転職のどちらかでした。

転職が多くて自信がない

  • また辞めると経歴に傷が付くのではないか
  • 継続力がないと見られるのではないか

いままで転職が多くて、その経歴に自信がない人もいるでしょう。でも安心してください。私は20代で6回も転職しています。ポテンシャルを買ってもらえる20代のうちに、できるだけ色々な職業を経験しようと考えて転職していました。

たしかに転職が多いと経歴に傷が付くし、継続力がないと見られるもの。これは日本では仕方ないことです。

転職がマイナス評価されるのは日本だけでしょう。海外では、転職は「経験豊富」というポジティブな見られかたをするのが一般的です。私もそれが当然だと思っています。アメリカでは同じ仕事を10年も続けると「挑戦心がない人」という風に見られるくらいです。
転職が多いことをポジティブに伝えられるかどうかで転職活動の明暗は分かれます。もし自力で要領よく転職活動する自信がないなら、経歴が不利な人の転職に特化した転職支援サービスを利用するのも良い方法です。

自信が持てないときに試したいこと

  • 自分の市場価値を知る
  • 転職活動の正攻法を知る

自信が持てないときに試したいことは、上の2つのことです。自分の市場価値がどのくらいなのかを知れば、転職に踏み出すかどうかの判断ができます。

自分の市場価値を知る

いま現在の自分の経歴・スキルが、転職市場でどれほどの価値があるのかを知る方法があります。

企業側からオファーしてもらえる転職サービスでプロフィール(職務経歴)を入力しておけば、そのプロフィールを見た企業が「自社の求める経験・スキルだ」と判断すればオファーしてもらえます。

つまり、オファーが届く数で、自分の市場価値を知ることができます。プロフィールを詳細に作成すればするほど、オファーの精度も上がります。

転職に踏み出すきっかけにもなるので、転職に自信がない場合は利用を検討して見ると良いでしょう。

スカウト型(オファー)転職サイトで面接確約!成功率を上げる

 

転職活動の正攻法を知る

転職活動の正しいやり方を知ることで、転職に自信を持てるようになります。

転職支援サービスには、プロの講師による転職活動の方法を指導するセミナーを実施しているところがあります。

経歴・スキルが足りない。転職の回数が多い。といった不利な状態の転職では、できるだけプロの転職支援を受けるほうが転職成功の確度を上げることにつながります。

職務経歴書の書き方や自己PRの作り方など、転職活動の正攻法を知ることが自信になるので、気になった人は受けてみると良いでしょう。

転職で足が止まるならセミナーでプロに学ぶ正攻法が効く!

まとめ

  • 転職したいけど自信がないのは、経験・スキルの不足、転職が多い職歴によって自分の価値を信じることができないことが要因。
  • 今の職場を辞めたい気持ちが先行していると転職活動の壁になるのが、今のスキルを買ってもらえる職場があるかどうか。企業側からオファーしてもらえる方法で転職活動を始めるのが良い方法
  • 未経験の職業に挑戦したいときは、いままでの経験・スキルを活かすことができないことが大きな壁となる。転職セミナーを受講することから始めてみると道が見えてくる。
  • 転職が多いと経歴に傷が付くし、継続力がないと見られるもの。転職が多いことをポジティブに伝えられるかどうかで転職活動の明暗は分かれる。
  • オファーが届く数で、自分の市場価値を知ることができる。
  • 職務経歴書の書き方や自己PRの作り方など、転職活動の正攻法を知ることが自信になる。