転職したいけど勇気がない【勇気出る言葉で一歩踏み出す】

転職したいと思いつつ、なかなか勇気が出ないという人は多いと思います。

とくに、転職したい理由が前向きなものではない場合は、辞めざるを得ない状況にグイグイと背中を押されているばかりで、一歩を踏み出す勇気が自主的には出てこないものです。

転職に踏み出すうえで勇気になる言葉・名言があります。読めば勇気につながるかもしれません。転職活動の精神的負担を少なくする方法も有効です。

企業側からオファーしてもらえる方法なら、「待ち」の転職活動をしながら希望条件を満たす企業にだけ転職活動することができます。企業はすでにプロフィールに書かれた経験・スキルで大丈夫だと判断しているからオファーしているわけです。転職への勇気になるのではないでしょうか。

転職したいけど怖くて動けない【不安を払拭して前に進む】

転職したいけど勇気がない

勇気がない人たちの声

  • 次の仕事が自分に合うかどうか分からなくて、勇気が出ない。
  • 新しい職場でうまくやってけるかと思うと勇気が出ない。
  • 対人恐怖や人見知りのせいで、次の職場の人間関係をうまくやっていけるか心配で勇気が出ない。
  • 転職したいけど上司に「辞めたい」と言う勇気が出ない。
  • 家族がいて、転職に成功するかどうかわからないのが心配で勇気が出ない。
  • やってみたい仕事があるけど、未経験の仕事なので勇気が出ない。
  • 自分のスキルが通用するだろうかと想うと、勇気が出ない。
  • いまの仕事の職歴が短いため、職歴に傷がつきそうで勇気が出ない。

人間関係が心配で勇気がない

つぎの職場で良い人間関係に恵まれるかどうかを案じて勇気が出ないという人は多いでしょう。じつは、20代の転職者の転職理由でもっとも多いのが「人間関係が良くなかったから」という理由です。

転職したものの、人間関係をイチから築き上げなければならないし、また意地悪な人がいるかもしれない。と思うと勇気が出ないものです。転職に踏み切るかどうかをよく考えて判断するのが良いでしょう。

上司に言う勇気がない

転職することを上司に言うのにも勇気が要ります。「人が足りないんだからムリ」とか「半人前のくせに何言ってるの」とか言われて断られたらどうしよう。という心配があると、言い出す勇気がなくなります。

上司に言う勇気がない場合、2つの方法があります。

上司に反対されて転職できない人は、理由を正直に言ってしまっている傾向があります。辞める理由は嘘でよいのです。スムーズに辞めていく要領の良い人は、上手に嘘をついて辞めます。

上司に辞めることを言う勇気がどうしても出ない人は、退職代行サービスを利用するのが手っ取り早い方法です。

家庭への影響が心配で勇気がない

家庭を持っている人なら、転職の影響が家庭に及ぶ心配もあり、勇気を出せない要因にもなります。待遇が落ちて給与が下がるかもしれないし、合わない職場に勤めてしまうと辞めるに辞められない状況になるかもしれません。さまざまな状況を想定して、家族と話し合う必要があります。

給与や待遇を、確実に今より良くしたいと考える場合は、転職のプロを頼る方法を取るのが安全策です。

スキルが通用するか心配で勇気がない

転職の目的が、「やってみたい未経験の仕事」に就くことだった場合、経験・スキルが通用するかというところで、勇気が出なくなります。オファー型の転職サイトを利用する方法なら、プロフィール(職務経歴)を見た企業側が「自社が必要とする経験・スキルだ」と判断してオファーしてくれるので、転職活動の一歩を踏み出しやすくなるでしょう。

職歴が傷付きそうで勇気がない

入社して1~2年しか経っていないと、職歴に傷が付くのが心配で勇気が出ないものです。どのくらいの在職期間なら傷にならない。というのは一概に言えませんが、「石の上にも三年」ということわざから3年を目安に考える場合が多いです。

転職に至った動機、経験・スキルをアピールできれば、在職期間のハンデは埋められるでしょう。ハンデを負いながらでも書類選考を通すために、職務経歴書や自己PRは入念に仕上げなければなりません。

職務経歴書や自己PRの作成術は、転職サイトが実施しているセミナーで学ぶことができます。職歴が心配な場合は、こういったセミナーでプロから正攻法を学ぶのが良い方法です。

転職するのは勇気がいる

  • 今の職場環境を捨てることになるし、戻ることはできない。
  • せっかく長く勤めてきたのに、もったいないと思う。

今の職場に不満がなく、前向きな転職をしたい場合でも、今の職場環境や待遇を捨てると思うと勇気がいるものです。

しかし、「転職」という言葉が頭をよぎった時点で、すでに転職は始まっていることを知るべきです。なぜなら、心がもう今の職場から離れているからです。次に行くべき時なのです。できるだけ安全に転職に向かいたいなら、ぜひオファーを使ってみてほしいです。

転職の勇気が出る言葉・名言

人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか。
ヘレン・ケラー(教育家・アメリカ/1880-1968)

転職は勇気のいることですが、今の仕事ではダメだと感じているなら挑戦するしかありません。パフォーマンスを発揮できないまま今の仕事を続けると、本来なら成長できていたはずの可能性を捨てることになります。

できると思えばできる。できないと思えばできない。これは絶対的な法則である。
パブロ・ピカソ(画家・スペイン/1881-1973)
日本にも同じ意味の短歌があります。「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」(行動すれば成就するし、行動しなければ成就しない。何事も。成就しないのは人が行動しないからである。)
樹を植えるのによい時期は20年前である。次によい時期は今である。
中国のことわざ

「挑戦するなら若い方がよい。そして今がもっとも若い。」という言葉と同じニュアンスです。今、行動に移さないと、また今のまま20年が過ぎていくでしょう。

転職好きな私の迷言

「やっておけば良かった」と後悔するくらいなら、「やったけどダメだった」と後悔する方がマシ。

20代で6回の転職をした私にも「やっぱりこの仕事は合わなかったな」と思ったことが正直、ありました。でも転職しない選択よりは、転職した選択のほうが絶対に良かったです。そして、転職したことを後悔したことは一度もありません。だって、何度でも挑戦はできるし、私はそうしてきたからです。

転職に勇気が出ない場合

  • 「待ち」の転職活動から始めてみる
  • プロから転職活動の正攻法を学ぶ

転職に勇気が出ない場合は、負担が少なくて済む方法を取り入れると良いでしょう。

「待ち」の転職活動から始めてみる

転職活動を自分側から進めていこうとすると気疲れするものです。企業と面接するまで、ニーズが合っているかどうかイマイチわからないのに、応募のたびに履歴書・職務経歴書を書かなくちゃならないし、志望動機に頭を悩ませられたり。

この苦労を減らすのに有効なのが、企業側からオファーしてもらえる転職サイト(アプリ)です。

オファーされた時点で、すでに自分の経験・スキルが企業の求めるものに合致していることが明白です。「待ち」の転職活動をする方法なら、希望に合う企業にだけ応募・面接していくことができるので、心身の負担がずいぶん軽くなります。

スカウト型(オファー)転職サイトで面接確約!成功率を上げる

プロから転職活動の正攻法を学ぶ

転職活動は、自力で応募して面接していく方法を思い浮かべがちですが、やり方を間違うと長期化していきます。「いつかは受かるだろう」では、いつまでたっても受からないのです。

転職を成功させるには、狙った企業に一発で受かるくらいの周到さが必要です。

転職が頭をよぎった時点で、転職活動の正しいやり方を仕入れておくと良いでしょう。転職サイトのセミナーを受講する方法で、プロから転職活動の正攻法を学ぶことができます。

とくに初めての転職の場合は、「転職教室」や「初めての転職セミナー」を受けて、正しい転職活動の方法・流れを知っておくべきです。

まとめ

  • 転職したい理由が前向きなものではない場合は、辞めざるを得ない状況にグイグイと背中を押されているばかりで、一歩を踏み出す勇気が自主的には出てこないもの。
  • つぎの職場で良い人間関係に恵まれるかどうかを案じて勇気が出ない場合は、転職に踏み切るかどうかをよく考えて判断するのが良い。
  • 上司に辞めることを言う勇気がどうしても出ない人は、退職代行サービスを利用するのが手っ取り早い方法。
  • オファー型の転職サイトを利用する方法なら、プロフィール(職務経歴)を見た企業側が「自社が必要とする経験・スキルだ」と判断してオファーしてくれるので、転職活動の一歩を踏み出しやすくなる。
  • 転職に至った動機、経験・スキルをアピールできれば、在職期間のハンデは埋められる。職務経歴書や自己PRの作成術は、転職サイトが実施しているセミナーで学ぶことができる。
挑戦がうまくいかない人もいる。しかし、うまくいくのは挑戦した人である。
Youu(IT技術者・日本)