転職したいけどスキルがない20代はキャリアプランを売る作戦

私は20代で6回の転職をしており、すべて異業種への転職でした。当然、スキルを引き継ぐことはできないので、常にスキルが無い状態での転職です。

毎度の転職で私が話していたのは、保険会社に勤めていた時に作ったキャリアプランについてです。どうやって経験を積んでキャリアを形成して、将来的に会社をつくりたいと考えているか。それを熱く語っていました。(恥ずかしいです笑)

20代の転職では、スキルが無くても転職はぜんぜん可能です。ポテンシャルを買ってもらえるからです。

つまり、私が転職でやっていたことは、キャリアプランを売って、ポテンシャルを買ってもらうことです。経験やスキルがほとんど無い20代は、「今のところは経験が少ないのですが、今後はこういう専門性を身につけていきたいと考えています。」というキャリアプランの売り込みが説得力のある転職方法になります。

転職したいけど怖くて動けない【不安を払拭して前に進む】

転職したいけどスキルがない

  • 20代でスキルがないのは当たり前。企業側もわかっている。
  • スキルが無くても転職は可能。20代はポテンシャルを買ってくれる。
  • スキルの代わりに資格で何とかできると思わない方がいい。

20代で転職したいけど、スキルがないことを懸念する人は多いでしょう。転職に一歩踏み出せないのは、スキルがないことによって転職成功の確度に自信を持てないことが要因です。

スキルがないのは当たり前

20代は経験が少なくスキルがないのは当然です。そもそも業務に携わっていた年数が少ないし、業務のさわり部分しかやらせてもらっていない場合も多いはずです。

企業側も、20代の転職希望者がスキルを持っていないことは分かっています。その企業にいる20代社員も同じだからです。転職にあたってスキルがないことを気にする必要はありません。

では、何を買ってもらえるのかというと、熱意、体力、ポテンシャルといった若いからこそ多分に備えている要素です。とくにポテンシャルへの期待は大きいです。

20代はポテンシャル

ポテンシャルとは「秘めた能力」のことであり、20代の転職ではポテンシャルを買ってもらうことになります。20代の転職者を採用する企業側は、その人の将来性や可能性に投資するつもりがあるわけです。

転職活動では、ポテンシャルがあることを企業側に感じ取ってもらわなければなりません。

  • やる気や熱意を見せる必要がある。
  • 長く働けることを退職理由と一緒に説明する必要がある。
  • キャリアプランがあれば説得力が増す。

やる気や熱意があることをアピールするのは大前提です。体力面を見られることもあります。「残業は大丈夫ですか?」と聞かれることがありますが、「何時間でも大丈夫です!」くらい言えるのが望ましい姿勢です。(実際には何時間でも大丈夫ではなくても。)

企業側が懸念しているのは、すでに退職した経歴を持っている点です。同じ理由で辞めることにならないか。というところを心配しています。ポテンシャル(将来性)を買ってもらうため、長く働いていく意思があることを説明する必要があります。

転職活動では、退職理由は必ず聞かれます。現職への不平不満があったとしても、退職理由にすべきではありません。そこで用意しておかなければならないのがキャリアプランです。

「こういうキャリアプランを持っているが、現職は実現できる環境ではなかった。御社ではキャリアプランを実現できるので長く働ける。」という筋書きにすると説得力があります。

スキルの代わりに資格

20代で転職する場合、スキルなしの穴埋めに資格を取得したいと思う人もいるかもしれません。転職先の業務で必要な資格なら効果的でしょう。しかし、その資格が実力を証明することはありません。転職では、資格よりも経験・実績が求められるのは当然のことです。

転職先の業務で必要な資格とは、次のような資格です。

  • 不動産仲介 → 宅地建物取引士の資格は実務で必須です。
  • 医薬品販売 → 登録販売者の資格が必須です。
  • 経理事務 → 簿記の資格は、無いよりはあったほうが良いです。
IT業界に転職したい人がよく間違えがちなのがITパスポートという資格です。ITパスポートは、PCスキルを証明する程度の資格ですが、IT業界ではPCスキルはあって当たり前のスキルです。ITパスポートをぶら下げて面接に行っても、「もともとPCスキルの弱い人なんだ」と見られてしまうし、ITの実務にはITパスポートの資格など何の役にも立ちません。現在ITエンジニアをしている私も持っていませんし、持っていたとしても恥ずかしくて書けません。
スキルなしの穴埋めを資格で補いたい場合は、その資格が転職先で必須かどうかを調べておかなければ時間をムダにしてしまいます。いままでの職務経歴と違う業界・職種を希望する場合は、資格がスキルの穴埋めになるかどうかを業界の人に聞いてみると確実です。

スキルなし20代の転職

  1. キャリアプランを作る。
  2. 転職活動では、転職先にキャリアプランによる定着を売り込む。
  3. ポテンシャルを買ってもらうかたちで採用を勝ち取る。

20代でキャリアプランを描いていない人は、早めにキャリアプランを作った方が良いでしょう。面接で、経験・スキルが業務レベルに達していないと見抜かれた場合に、面接官が「今後、どうしていきたいと思っていますか?」と聞いてくれることがあります。これは面接官の優しさです。

このとき、ちゃんとキャリアプランを持っていて「今後はこういう専門性を身につけながらプロフェッショナルを目指したいです。」と言えれば、ポテンシャルを買ってもらうことができます。

念頭に置いておかなければならないのは、企業側は「また辞められることを恐れている」ということです。その心配を払拭するために、キャリアプランに沿って働き続けていくことができるという筋書きが必要であり、キャリアプランがその証明になるというわけです。

スキルなし20代後半の転職

  • 経歴・経験を売り込むことができる同業界・同職種に転職する。
  • 転職したい企業(業界・職種)で必要なスキルを独自に身につける。
  • いまの経歴・経験に必要性を感じてくれる企業のスカウトを待つ。

スキルなしを自覚している20代後半の場合、転職は経歴・経験を売りにするしかありません。そうなると、転職先は同業界・同業種という選択になります。

いままでの経歴と違う業界・職種を希望する場合は、そこで必要となるスキルを独自に身につける努力が必要かもしれません。たとえば給与水準の高いIT業界は転職市場でも注目されますが、プログラミングのスキルを身につけてポートフォリオで実力を証明できれば転職しやすくなります。

ITパスポートではなく、プログラミングですよ笑

いまの経歴・経験にニーズを感じてくれる企業があるかもしれません。スカウトサービスを利用するのが良い方法です。プロフィール(職務経歴)を入力して置いておけば、「その経歴なら自社で通用する」と判断した企業がスカウトしてくれます。ニーズがあるかないか分からない企業にやたらめったら応募していくよりも、スカウトのほうが効率的に転職活動できるでしょう。

28歳でスキルなしの転職

  • 28歳でスキルなしの場合、転職は厳しくなる。
  • 28歳はポテンシャルを買ってもらえる歳ではない。
  • 経歴・経験を買ってもらうなら、同業界・同業種がよい。

28歳でスキルなしの場合、転職は厳しいものになります。

私は28歳で5回目の転職をして、ネット通販会社に入りました。それまでガテン系の仕事を転々としてきたため、職務経験によるスキルなしの状態で転職活動をしていました。何十社にも応募して面接もしましたが、職務で培ったスキルがないと売り込めるものが無いため、数ヵ月間は不採用の連続でした。

28歳の転職で気付いたのは、もうポテンシャルへの期待値はそれほどでもないという事実です。いままではやる気と根性を見せれば、ポテンシャルを買ってもらえる実感がありました。しかし、28歳の転職ではそれを感じませんでした。

給与や待遇の条件を下げて、なんとかベンチャー企業のネット通販会社に採用してもらえました。このとき、学生の頃から趣味でやっていたWEB制作のスキルを売り込んで、ネット通販のウェブサイト企画・制作の人員として採用してもらえました。

28歳でスキルなしの状態で転職するには、経歴・経験の通用する同業界・同業種がもっとも容易な転職の方法です。私のように何らかのスキルを売り込む場合は、そのスキルを必要としている事業規模の小さな企業が狙い目かもしれません。

私が入社したネット通販会社は、社長と従業員6名の小さな会社でした。ちょうど通販用のウェブサイトを作ろうとしていたところに、私のWEB制作スキルがハマったかたちで採用してもらえました。ただ、給与は新卒並み、残業代は申請しにくいという悪条件でした。救いだったのは、社長も従業員も皆、優しい人達だったことでした。

何のスキルもないが転職したい

  • いま現在の経歴・経験を買ってくれる企業のスカウトを待つ。
  • 未経験の転職に強いサポート体制を持つサービスを利用する。

何のスキルもないが転職したい場合は、転職活動の方法によって転職成功の確度を上げることは可能です。

転職の手段としてスカウトサービスが普及してきています。20代に特化したスカウトサービスもあります。利用登録後にプロフィール(職務経歴)を入力して置いておけば、その経歴・経験が自社で通用すると判断した企業がスカウトしてくれます。スカウトの時点ですでに経歴・経験を買ってもらえている状態なので、むやみに応募するよりも転職は成功しやすいでしょう。

スカウトサービスを利用して転職活動する方法は、こちらの記事で解説しています。

スカウト型(オファー)転職サイトで面接確約!成功率を上げる

未経験の転職に強い転職サービスがあります。おもに20代の転職希望者をサポートしています。

未経験の業界・業種への転職でも、20代前半なら転職サービスを利用すれば転職は成功しやすくなります。キャリアアドバイザーは企業の求人ニーズをわかっているため、それに見合った応募書類の作成・添削をしてもらえて、面接対策もしてくれます。自力で転職活動するよりも効率的です。

転職の経験がない人は、まず、転職の正攻法を学べるセミナーを受講すると良いでしょう。「転職教室」「はじめての転職」などのセミナーでは、転職活動の正攻法を学べるため、正しい方法で転職活動をスタートさせることができます。

転職で足が止まるならセミナーでプロに学ぶ正攻法が効く!

まとめ

  • 20代で6回の転職をしてきた私が転職でやっていたことは、キャリアプランを売って、ポテンシャルを買ってもらうこと。
  • 20代は経験が少なくスキルがないのは当然。転職にあたってスキルがないことを気にする必要はない。
  • 20代の転職ではポテンシャルを買ってもらうことになる。
  • 企業側が懸念しているのは、すでに退職した経歴を持っている点。ポテンシャル(将来性)を買ってもらうため、長く働いていく意思があることを説明する必要がある。
  • 20代で転職する場合、スキルなしの穴埋めに資格を取得したいと思うなら、転職先の業務で必要な資格なら効果的。
  • 20代でキャリアプランを描いていない人は、早めにキャリアプランを作った方が良い。企業側は「また辞められることを恐れている」おり、その心配を払拭するために、キャリアプランに沿って働き続けていくことができるという筋書きが必要。
  • いまの経歴・経験にニーズを感じてくれる企業があるかもしれない。スカウトサービスを利用するのが良い方法。プロフィール(職務経歴)を入力して置いておけば、「その経歴なら自社で通用する」と判断した企業がスカウトしてくれる。