20代の転職タイミング【頭をよぎった時から始まっている】

「転職したいけど、タイミングはどう判断したらいいんだろう。」
「第二新卒として転職活動するけど大丈夫なのかな。」
「転職したいけど怖い。都合のよいタイミングまで先延ばししようかな。」

「転職」が頭をよぎった時から転職は始まっています。なぜなら、今の仕事に対するモチベーションを維持できない状態になっている証拠だからです。

転職をするのが怖くて、都合のよいタイミングまで先延ばししたいという気持ちはわかります。でも、求人を出す企業はときどきで異なるため、チャンスはいつ来るかわかりません。

そこで利用したいのがスカウト型の転職サービスです。プロフィールを置いておき、自分の経歴・スキルに必要性を感じた企業からスカウトしてもらって、希望条件に合う企業にだけ行動するのが効率的です。転職を意識したときから、すぐに網を張っておくわけです。

転職したいけど怖くて動けない【不安を払拭して前に進む】

転職がよぎった時が始まり

  • 転職したいと思った人は、だいたいは転職する。
  • 転職したいと思った時点で、今の仕事への熱意は薄れている。
  • つまり、「転職」が頭をよぎった時から転職は始まっている。

「転職」が頭をよぎった時から転職は始まっていると言って良いでしょう。「今の職場ではもうダメだ」と潜在的に感じているため、すでに仕事への熱意も薄れて、やる気スイッチが入らない状態になっていきます。

今の仕事に満足している人や、今の職場にしか居場所がないと感じている人は、そもそも「転職」という言葉が思い浮かびません。逆に「転職」という言葉が思い浮かんだという人は、もう「心ここにあらず」になっているわけです。

しかし、先行きが見えない転職に踏み出すのをためらう人は多いかもしれません。

  • 本当に転職先を見つけることができるのか。
  • いまの自分の能力・経歴は他社で通用するのか。

という不安があるせいです。それで、「良いタイミングが来るまで先延ばししようかな」と思ってタイミングを調べる気持ちはわかります。でも、そのタイミングは恐らく来ないでしょう。

転職をするかどうかの決断は、転職市場で自分を売り込める自信があるかどうかにかかっているからです。自信がある人にとって転職のタイミングはいつでも良くて、それなら早い方がいいと決断してすぐに動きます。

近年、注目されている転職活動の方法に、スカウト型の転職があります。もし、自分の経歴にいまいち自信を持てない場合は、スカウトが適しています。プロフィールを入力して置いておけば、企業側がプロフィールを見て「自社に活かせる人材だ」と判断してからスカウトしてくれるからです。自分から能力や経歴を売り込むような転職活動をしなくても、必要性を感じた企業からアプローチしてくれるのが気楽です。「転職」が頭をよぎったときは、まずスカウト型転職サービスにプロフィールを登録してみると良いでしょう。

20代の年齢的タイミング

  • いままでの仕事で一通りの経験を積んでいることを、転職の面接でアピールできる自信が付いたとき。
  • 大学卒業後に就職した人は、できれば第二新卒を過ぎてから。
  • 未経験の業界・職種に乗り換えるなら20代のうちに。

転職活動では、経験・経歴をどう活かせるのかをアピールして自分を売り込まなければなりません。企業側に、いままでの仕事で一通りの経験は積んでいるだろうと見てもらう必要があります。

そのため、20代の転職に最適なタイミングは、最低でも第二新卒を過ぎてからが望ましいです。「石の上にも三年」ということわざもあってなのか、仕事の経験を一通り積める期間を「3年」と見る意識が、日本では一般的に持たれているのでしょう。

私自信も社会で何度も「3年」と聞かされてきたし、社会経験を積んだいま考えてみても「最低でも3年かな」という感じがします。

もちろん、人の能力にもよるし、仕事の環境や濃度によっても経験は違ってきます。でも、何も知らない人の経歴をパッと見たときに、やはり最低でも3年の経験があるかどうかは目安になります。

第二新卒の転職タイミング

第二新卒の転職のタイミングは、社会人としての最低限のマナーが身についたと判断される1年目以降です。転職先の企業にとって、そこを教育しなくて済むのは助かるところです。

ただ、すでに転職したいという気持ちが芽生えてしまったところで、モチベーションを維持していくのは困難です。いまの仕事を続ける意義が無いと感じるなら、勤務年数にこだわらずにすぐ転職に動くべきです。

不向きな仕事を嫌々つづけてもスキルは身につかないし、何より時間がもったいないです。同じ時間を費やすなら、さっさと良い仕事、良い環境で自分を育てる選択をするほうが良いわけです。

私は新卒で入社した不動産管理会社を3日で辞めました。あきらかに自分のやりたいことと違い過ぎると感じたためです。時間がもったいないと思いました。この判断はすごく正しかったと思っています。

キャリアを変えるなら20代

今までの仕事とまったく違う業界・職種に転職するなら、20代で済ませておかなければなりません。キャリアの転向は、年齢を重ねるほど困難になります。

  • 本当はやりたい職業があった。
  • 社会で働いてみて、自分の得意なことがわかった。
  • 新たに取得した資格を活かせる仕事に就きたい。

などの理由でキャリアを変えるなら、今の仕事を続ける意味はありません。早めに新しい仕事で経歴を作っていくほうが得策です。

キャリアを変える場合、経歴や経験、スキルを引き継ぐことができないため、ポテンシャルを買ってもらうことになります。それができるのは20代のうちしかありません。

20代を過ぎてのキャリア転向は本当に厳しいです。私は20代を過ぎて最後の7回目の転職もキャリア転向でした。転職先が見つかったのは良かったのですが、早々に転籍出向となり、そこからさらに派遣契約で移動体通信会社に入れられることになりました。私の場合はどうしても通信業界でプログミングスキルを活かしたかったので雇用形態はあきらめることにしました。出向先から自社の正社員に戻れたのは5年後でした。キャリア転向が遅れるほど犠牲になるものが大きくなると覚悟した方が良いでしょう。

転職に適した時期などない

  • 転職に適した時期などない。
  • 求人が増えるのは、年度末の3月。その時期を狙うなら1月に転職活動開始。
  • 求人が増えるのは、半期末の9月。その時期を狙うなら7月に転職活動開始。

転職に適した時期があるのではないかと考える人も多いでしょう。しかし、転職に適した時期はありません。求人が増える時期は転職しやすいと考えがちですが、同時に転職者も増える時期でもあるので競争率も高い状態になります。

むしろ、求人とともに転職者も増える3月、9月の時期を避けるほうが、自分の希望する企業への転職は成功させやすいかもしれません。

転職したいと思える企業がいつ求人を出すかは分かりません。転職したいと思ってから転職先を探すのではなく、普段から転職先の候補を見つける動きを取っておくのが理想的な転職につながります。

常に網を広げておくと、良い企業に巡り合う可能性は高くなります。

結局のところ、転職に適した時期を意識する必要はないと言えます。求人が増える時期にやみくもに転職先を探すのが効率的だとは思えません。自分の経歴・能力に必要性を感じてくれる企業を「待つ」ほうが効率的です。それにはやはりスカウト型の転職サービスを利用するのが適しています。

    第二新卒の転職に適した時期

    • 期中は、急ぎの人員強化を目的とした求人になることが多いため、即戦力が求められる。第二新卒の転職には向いていない。
    • 期末(年度末)は、計画的な採用を目的とした求人になるため、経験やスキルの少ない20代でも参戦しやすい。
    • できれば新入社員と一緒に研修させたいという点で、企業側にも都合が良い。

    第二新卒の転職に適した時期を強いて言うなら、多くの企業が期末(年度末)にしている3月です。期末は、新年度からの新体制に向けて人員を異動することでポジションが空きやすい。年度内に割り振られている採用予算を使い切りたい。などの理由で計画性に基づいた求人が増えます。

    経験やスキルが乏しくて即戦力にはならない第二新卒は、期中よりも期末が転職しやすい傾向になると考えられます。しかし、期末は転職者も増えるため競争率が上がってしまうことも意識しておくべきです。

    まとめ

    • 「転職」が頭をよぎった時から転職は始まっている。
    • 転職をするかどうかの決断は、転職市場で自分を売り込める自信があるかどうかにかかっている。
    • 転職活動では、企業側に、いままでの仕事で一通りの経験は積んでいるだろうと見てもらう必要がある。そのため、20代の転職に最適なタイミングは、最低でも第二新卒を過ぎてからが望ましい。
    • いまの仕事を続ける意義が無いと感じるならすぐ転職に動くべき。同じ時間を費やすなら、良い仕事、良い環境で自分を育てる選択をするほうが良い。
    • 今までの仕事とまったく違う業界・職種に転職するなら、20代で済ませておく。キャリアの転向は、年齢を重ねるほど困難。
    • 求人が増える時期は転職しやすいと考えがちですが、同時に転職者も増える時期でもあるので競争率も高い状態。
    • 転職したいと思ってから転職先を探すのではなく、普段から転職先の候補を見つける動きを取っておくのが理想的な転職につながる。
    • 結局のところ、転職に適した時期を意識する必要はない。自分の経歴・能力に必要性を感じてくれる企業を「待つ」ほうが効率的。それにはやはりスカウト型の転職サービスを利用するのが適している。