転職したいけど怖くて動けない【不安を払拭して前に進む】

転職したいけど怖くて動けないというのは、転職経験のほとんどの人が経験してきたことです。転職に向けて動くには、怖いと感じる原因、不安を払拭すれば前に進んでいくことができます。

転職が怖くて動けない場合は、つぎの2つの方法を取り入れてみると良いでしょう。

転職したいけど怖くて動けない

  • 転職活動が怖くて動けない
  • 転職後のことが怖くて動けない
  • 初めての転職で怖くて動けない

転職活動が怖くて動けない

転職活動がうまくいくかどうかは、やってみなければ分からないものでであり、怖くて動けない原因になります。

上司に辞めることを伝える行動も、転職活動に含まれています。まず、今の職場をスムーズに辞める方法を固める必要があります。転職先が決まっても、辞めることができなければ転職もできません。

転職活動をうまく進めていくための計画性も必要です。やみくもに応募するのではなく、自分の経験・スキルを活かせることをイメージできる企業に絞って転職活動するのが正攻法です。

「今の職場をどうにかして辞めたい」というのが転職の動機になっている場合は、その転職活動はうまくいかない可能性が高いです。前向きではない転職者を、企業は好意的に見てくれないからです。

「嫌だから辞めたい」というネガティブな動機を、ポジティブな動機に上手く置換して転職活動する必要があります。志望動機や自己PRで、前向きな転職であることをアピールできれば、転職成功の確度は上がります。

志望動機や自己PRが苦手だったり、どうやって前向きに伝えるか分からないときは、転職サイトが実施しているセミナーで学ぶことができます。会員登録して無料で利用できるものなので、積極的に利用してみると良いでしょう。

転職後のことが怖くて動けない

転職後のことを想うと、怖くて動けないという人は多いでしょう。

転職先の人間関係は良好か、残業などの就労環境は健全か、経験やスキルは通用するか。こういった懸念が、転職を怖いと感じさせる要因になります。

人間関係や就労環境は、転職によって必ず解決される問題ではないということを覚悟しておく必要があります。上司や先輩が、入社したての人を厳しく指導するのは当たり前。仕事を一人前にこなせないうちは残業になるのが当たり前だからです。

経験・スキルが通用するかどうかは、転職先での業務内容をしっかり確認することで解消できます。転職先を探すときは、つい条件(待遇や環境)で見てしまいがちです。しかし、仕事探しで重要視すべきなのは条件ではなく、職能です。自分の経験・スキルを間違いなく活かすことができる。やりがいを感じる。と確信できることが、転職成功につながります。

経験・スキルが通用するかどうかは、企業側からオファーしてもらえる方法が確実です。オファー機能を持つサイトにプロフィール(職務経歴)を入力しておくと、企業側が「自社の求めるスキルだ」と判断してオファーしてくれます。経験・スキルに不安があって転職に動けない人は「待ち」の転職活動をするのも一つの方法です。

初めての転職で怖くて動けない

転職が初めての場合、「怖い」と感じて動けないのは当然のことです。転職経験のある人は皆、その怖さを感じてきたでしょう。私も初めての転職のときは、先行きがまったく分からなくて怖かったです。

転職活動の仕方・流れをあらかじめ知っておくことができれば、転職へ動きやすくなります。転職サイトが実施するセミナーには、初めての転職者向けに「転職教室」や「初めての転職セミナー」といったセミナーがあります。

こういったセミナーで転職活動の正攻法を学ぶことは、初めての転職を成功させるのに大いに役立つでしょう。

転職で足が止まるならセミナーでプロに学ぶ正攻法が効く!

転職したいけど怖い

  • 今の職場を辞めるときが怖い
  • 転職活動がうまくいくか怖い

こういう懸念があって転職が怖いと感じる場合は、怖さを軽減させる方法があります。

今の職場を辞めるときが怖い

  • 上司に「辞める」と言うのが怖い
  • なかなか辞めさせてもらえないかもしれない

今の職場を辞めることができなければ、転職そのものができません。まずは上司に話して、辞めることを認めてもらう必要があります。

上司が威圧的な人だったり、怒りっぽい性格だったりすると、なかなか言い出しにくいかもしれません。もし「辞める」と言ったとしても、何かと理由をつけてなかなか辞めさせてくれない状況になることもあります。

「辞める」と言えない。辞めにくくなる状況が目に見える。といった場合は、本人に代わって退職手続きを完遂してくれるサービスがあることを知っておくと良いでしょう。もし、今の職場があきらかにブラック企業であると自覚できるなら、退職を代行してもらうのが最善策です。

転職活動がうまくいくか怖い

  • 転職活動がバレたらと思うと怖い
  • 面接を受けに行くときに休めないかもしれない
  • すぐには転職先が見つからないかもしれない
  • 転職が多いので職歴の傷になっているかもしれない
  • 年齢的な理由で転職そのものが難しいかもしれない

転職活動がうまくいくか分からないのは怖いものです。

辞める前に転職活動をはじめる場合は、今の職場にバレないように気を付けながら面接に行かなければなりません。求人中の企業では、定時以降に面接するように配慮してくれるケースが多いです。あまり心配しなくても良いでしょう。

もっとも大きな懸念は、転職先が見つからずに転職活動が長引いてしまうことです。不採用が続くときは、転職活動の方法・やり方を間違えていることがあります。

自分で応募しながら転職活動していくときは、企業側からオファーしてもらえる方法を併用すると転職活動が楽になります。自分の履歴・経歴に興味を示してくれた企業だけに転職活動をおこなうのは効率的な方法です。

転職活動がうまくいくか分からなくて怖い。という人は、企業側からアプローチしてもらう方が転職を成功させやすくなるでしょう。

スカウト型(オファー)転職サイトで面接確約!成功率を上げる

転職したいけど不安

  • 人間関係の不安
  • 就労環境の不安
  • 経験・スキルの不安

これらは転職後の職場や業務に対する不安です。経験・スキルの不安

人間関係の不安

  • いじめられるかもしれない
  • 人見知りなので打ち解けていけるか不安

人間関係の不安は、転職によって解決するとは限りません。対人恐怖、過度な人見知り、気弱い性格など、自分側にも人間関係を円滑にできない要因があることを疑ってみる必要があります。すでに自覚している人もいるかもしれません。

人間関係の問題は、自分が変わることがもっとも問題を解決できる方法だと感じます。上司の厳しい指導にも、同僚のキツい言葉にも「ありがとうございます」と言える感謝の気持ちで接していたか。人間関係をうまくやれる人は、相手への感謝の気持ちを常に持っています。

もちろん、いじめやハラスメントは許されるものではありません。ただ、相手側・職場側にだけ責任を委ねていると、転職する先々で同じ問題に直面し続けるでしょう。

就労環境の不安

  • サービス残業ばかりかもしれない
  • 有給休暇を使いにくい職場かもしれない
  • 長時間労働があたりまえの職場かもしれない

今の職場がブラックな環境だと、次の職場でもブラックな環境だったらどうしよう。という不安に付きまとわれます。転職しても楽になるとは限りません。むしろ、今の職場より悪い環境になる可能性もあるわけです。

就労環境の問題には、企業の体質が古かったり、事業規模が小さくて人が足りていないなど、企業側に原因があることがほとんどです。転職活動では、いかに企業の内情を入手できるかが不安の除去につながります。

健全な就労環境で働きたい場合は、転職支援サービスを利用するのが確実な方法です。今の就労環境の何に不満があるのかをアドバイザーに正しく伝えることで、希望する就労環境を持つ転職先を紹介してもらえます。理想の転職に近づけていくことができるでしょう。

経験・スキルの不安

  • 次の職場で仕事がちゃんとできるか不安
  • いままでの経験やスキルが通用するか不安

性格的におっちょこちょいだったり、ミスを繰り返したりと、遂行能力に不安を感じている場合は、転職しても続かないかもしれません。ミスを許す仕事・職場は無いからです。「居心地が悪くて転職したい」という気持ちもわかりますが、そんな自分を雇ってくれるのも今の職場なのです。

経験・スキルの不安は、転職成功の明暗を分けるキーポイントです。企業側が求める人材にハマるように、自分の長所・適性を具体的にどう活かせるかを説明できなければなりません。

未経験の業種や職種に転職する場合は、とくに経験・スキルの不安が高まります。いままで培ってきた経験・スキルが通用しない場合がほとんどだからです。

転職活動では、企業側からオファーしてもらえる方法を活用すると、不安をあらかじめ取り除けるでしょう。オファー機能を持つ転職サイトにプロフィール(職務経歴)を入力しておけば、企業側が「自社の求めるスキルを満たしている」ことを確認してオファーしてくれます。

20代の場合は経験・スキルが足りなくても、ポテンシャルを買ってくれる企業が多くあります。20代に特化した転職支援サービスがあるので、

20代の転職おすすめエージェント【利便性の比較ランキング】

まとめ

  • 転職活動がうまくいくかどうかは、やってみなければ分からないもの。辞める方法を固めて、転職活動に計画性を持ち、ネガティブな動機をポジティブな動機に上手く置換して転職活動する必要がある。
  • 志望動機や自己PRが苦手だったり、どうやって前向きに伝えるか分からないときは、転職サイトが実施しているセミナーで学ぶことができる。
  • 転職先の人間関係は良好か、残業などの就労環境は健全か、経験やスキルは通用するか。こういった懸念が、転職を怖いと感じさせる要因になる。
  • 仕事探しで重要視すべきなのは条件ではなく、職能。自分の経験・スキルを間違いなく活かすことができる。やりがいを感じる。と確信できることが、転職成功につながる。
  • 経験・スキルが通用するかどうかは、企業側からオファーしてもらえる方法が確実。
  • 転職が初めての場合、「怖い」と感じて動けないのは当然のこと。転職サイトが実施するセミナーには、初めての転職者向けに「転職教室」や「初めての転職セミナー」といったセミナーがある。