未経験の転職は20代で!おすすめの業界・職種にチャレンジ

転職するなら20代がおすすめです。とくに未経験の業界・職種に転向するなら20代のうちに動くほうが良いでしょう。第二新卒の場合はポテンシャルを買ってもらえるため、経験やスキルが少なくても転職しやすいです。

私は20代に6回の転職をしましたが、20代だったからできたことだと思っています。すべての転職が未経験の業界・職種への転職でした。ポテンシャルを買ってもらえる年齢だったことが功を奏したと言えます。
本当はやってみたかった職業があるのなら、20代で挑戦する決断をするべきです。転職した結果、その職業が合わなかった場合でも、20代ならさらに軌道修正することもできます。
もし、業界・職種を決めかねているなら、IT業界・ITエンジニアがおすすめです。つねに新しい技術を追い求める業界ゆえに将来性が担保されています。

転職は20代がおすすめ

  • 企業側がもっとも欲しいのが20代。
  • 20代ならポテンシャルを買ってもらえる。
  • 未経験の職業に転向するなら早い方が良い。
  • 20代に特化した転職サービスが多い。

転職するなら20代がおすすめです。転職したいと思っても、経験・スキルが少ない20代は、本当に転職が成功するのか自信を持てないものです。しかし、20代は企業側がもっとも欲しいと思っている年代であり、ポテンシャルにも期待しているため、じつは転職しやすい年代です。

もし、本当はやってみたい職業があったり、いままでの仕事のなかで専門性を身につけていきたい分野が見えてきたり、キャリアを転向する決断をするなら20代のうちが望ましいでしょう。

転職にあたっては、キャリアプランを持っておくのが理想的です。キャリアプランに沿って専門的能力に近づいていくために転職をするわけです。転職先を探すときは、条件(給与や待遇)を見て選んでいくものです。でも、もっとも重視すべきなのは自分に合う仕事かどうかです。さらにそれがキャリアプランに沿っているのであれば、転職は将来に向けての確かな一歩になります。

条件ばかりに気を取られて肝心の仕事(業務内容)をおろそかにすると、仕事が合わないことで悩むことになり、結局は長く続けることができなくなり、業務の専門性も身に付いていかないことになってしまいます。そして、経験・スキルが無いまま歳を重ねてしまうと、20代を過ぎたあとに転職することがとても困難になります。

20代は転職しやすい年代ですが、それだけに目的を持って転職することが望まれる年代です。

未経験の転職なら20代のうちに

  • 20代なら未経験の業界・職種でも、ポテンシャルを買ってもらえる。
  • 体力があるため、未経験の仕事を覚えていくうえでパワーを発揮できる。
  • 未経験の仕事で専門的能力を培っていくには、スタートは早い方が良い。
  • 20代の未経験の転職に強みを持つ転職サービスがある。
  • もし転職先の仕事が合わなくても、さらに転職するチャンスを作れる。

未経験の業界・職種にチャレンジするなら、20代のうちに転職を決断するべきです。もし、本当はやりたかった職業があって未練を残したままになっているなら、挑戦は20代のうちにしておくべきでしょう。

未経験の仕事を覚えていくのには体力が必要です。周りの同僚と同じレベルで仕事できるように、必要なら残業してでも食らいついていくパワフルな姿勢で挑まなければならないわけです。さらにその仕事で専門的能力を育てていくつもりなら、そのスタートはできるだけ早いほうが良いです。

転職をためらっている時間というのはもったいないもので、意欲を持てない今の仕事で十分なパフォーマンスを発揮できないまま時間だけが過ぎていくことになります。「転職」が頭をよぎったときが動くとき。もし仕事が忙しくても、できることから転職活動を始めていくとチャンスをより多くつくることに繋がります。

20代の転職に特化したサービスが出てきています。近年はスカウト型のサービスが注目されています。プロフィール(職務経歴)を見た企業側が、自社の業務に相応しい経歴であることを確認したうえでアプローチしてくれるため、待っているだけで転職のチャンスを作れます。転職したいと思いつつ踏み切れない人は、スカウトサービスから始めてみると良いでしょう。

転職した結果、その仕事(業務)が合わなくても20代ならやり直しが効く年齢です。未経験の職業への転職は、早ければ早いほどメリットが多いのです。

20代を過ぎると急に転職の難易度が高くなります。企業側は転職者の経験・スキルに期待するようになり、実績も求められるようになります。つまり、経歴・経験を引き継ぐことができない未経験の職業への転職は非常に難しくなります。

20代におすすめの業界

1位 IT業界(AI・IOT・WEB)
2位 通信業界(モバイル・ISP)
3位 広告業界(インターネット広告など)

20代におすすめの業界は、将来性の高い業界です。この見極めは難しく感じるかもしれませんが、IT業界にいる自分には、IT技術やAIが今後仕事をうばっていく業界がなんとなく見えています。それゆえに将来性が高いのが上の3つです。

IT業界は、AIの需要がますます増加するため、仕事量も収益も増える一方です。IOTも、生活の利便性を向上させる工夫にはきりが無いため発展を続けるでしょう。

通信業界は、スマホなどのモバイル端末やIOTのもうに不可欠であり、通信量(いわゆるギガ)とスピード(通信システムの世代、現在5G)の技術が限りなく進歩していく業界です。インフラの手堅さも魅力です。

物を売る手段としてWEBメディアが一般的になったこともあり、とくにインターネット広告はテレビ広告を抜いて増収が続いています。YouTubeやInstagramのような媒体が出てくるとともに広告主側のマーケターの需要も増えるため、将来も人員増を期待できる業界です。

20代の転職におすすめする業界は、WEBと密接なインフラや技術に関わる業界です。ブロックチェーンやNFT、仮想通貨など絶えず出てくる新しい技術とともにあるこれらの業界は将来性を担保されています。20代のうちに入り込んでおくと未来は明るいでしょう。

20代におすすめの職種

1位 エンジニア職(SE・プログラマー・WEBエンジニア)
2位 クリエイティブ職(WEBデザイン・WEBライター)
3位 営業職

転職で考慮しておきたいのは、今後も需要が続く職業かどうかというところ。将来、無くならない仕事であることは必須条件です。IT業界に属する職種がもっともおすすめです。

とりわけIT業界のエンジニアは、給与水準が高いこともあって注目されている職業です。未経験者がIT業界に入るにはプログラミングができた方が採用されやすいです。20代なら入社後にスキル習得のための研修をおこなってくれる企業も多くあるので、本気でITエンジニアになりたければ、未経験者でもやる気さえあれば良いと言ってくれる企業に入るのが近道になります。

WEB系のクリエイティブ職もおすすめです。WEB業界は総じて年齢が若く、20代じゃなければ入るのが難しい業界なので、WEBデザイナーやライターに憧れがあるなら早めに動いたほうが良いでしょう。デザイン業務のなかでWEBコーディングのスキルが身に付けば、WEBプログラマーやITエンジニアへの足掛けにもなります。スキルアップに応じて転身できる職種なので20代の未経験者にもおすすめです。

営業職は、人と人のコミュニケーションがあって成り立つ人間にしかできない仕事です。どの業界でも必要な職種ですが、保険や証券などのインターネット申込みが普及する業界では営業職の業務が縮小するでしょう。今後の増益が期待できる業界かどうかを判断する必要があります。20代から経歴・経験を積み上げておくと、年齢を重ねてもプロとして食っていける職種です。

20代におすすめのエージェント

  • doda全国各県に支店を持つエージェントと求人サイトを併せた総合転職サービス。ネットで受講できる「転職教室」などの転職活動の方法を学べるセミナーを実施している。オファー機能あり。
  • マイナビジョブ20's 首都圏・東海・関西で就職希望の20代に特化した転職サービス。未経験の業界・職種への転職にも手厚くサポート。ネットで受講できる「はじめての転職セミナー」などを実施している。

20代におすすめのエージェントでは、転職経験の無い人向けにセミナーを実施しています。転職に動く前に、まず転職活動の正攻法を学べるセミナーを受講しておくのがおすすめです。正攻法を知っているだけで、正しい転職活動ができるため、転職成功を掴みやすくなるはずです。

dodaはオファー機能を持っています。「面接確約オファー」は、プロフィール(職務経歴)に入力した経験・スキルを確認した企業側がアプローチしてくれる、実質的なスカウトとなっています。利用登録してプロフィールを置いておけば自動的にオファー機能が働くので、転職のチャンスをさらに広げる使い方ができます。

マイナビジョブ20's は20代に特化した転職サービスです。企業側も、経験・スキルの少ない20代であることを承知のうえでサービスを利用しているため、未経験の転職にも手厚くサポートする体制を持っています。「はじめての転職セミナー」「職務経歴書の書き方」「採用担当者目線の面接対策」などのセミナーを無料で受講できます。

20代の転職おすすめエージェント【利便性の比較ランキング】

第二新卒におすすめのエージェント

  • ハタラクティブ 首都圏・東海・関西・福岡に拠点を持つ第二新卒・既卒・中退の転職に特化した転職サービス。業界経験・経歴のない未経験者を正社員に転職サポート。転職を急ぐ20代に向いている。

第二新卒におすすめのエージェントは、職歴に自信がない20代の転職サポートに強みを持っています。

ハタラクティブ は第二新卒の転職のほか、既卒、中退、フリーターやニートなど、就職するには不利な経歴を持つ20代の正社員就職に向いています。業界未経験はもちろん、社会人未経験でもマンツーマンのサポートを受けながら、自分に合う仕事探し、書類チェック、面接対策までフォローしてもらえます。アドバイザーとLINEで連絡し合えるのが便利です。

20代におすすめの転職アプリ

  • キャリトレ 20代の転職希望者に企業側がオファーしてくれるスカウトサービス。利用登録後にアプリをダウンロードしてプロフィール(職務経歴)を入力すれば「待ち」の転職活動が可能。働きつつ転職のチャンスを得たい人に向いている。

20代におすすめの転職アプリには、企業側からのオファーによって転職の機会を得られるスカウトサービスがあります。経験やスキルが少なくて転職に自信を持てない20代でも、スカウトの時点で「経歴に遜色ない」と判断してくれた企業であるため、転職成功の可能性を判断できます。

キャリトレ はスカウトで転職のチャンスを得られるアプリです。WEBで利用登録してアプリをダウンロードし、プロフィール(職務経歴)を入力してスカウトを待つかたちになります。スカウトしてきた企業が希望に合うなら応募すればよいため、効率的に転職活動していくことができます。

スカウト型(オファー)転職サイトで面接確約!成功率を上げる

まとめ

  • 20代は企業側がもっとも欲しいと思っている年代であり、ポテンシャルにも期待しているため、じつは転職しやすい年代。それだけに目的を持って転職することが望まれる。
  • キャリアを転向する決断をするなら20代のうちが望ましい。
  • 本当はやりたかった職業があって未練を残したままになっているなら、挑戦は20代のうちにしておくべき。その仕事で専門的能力を育てていくつもりなら、そのスタートはできるだけ早いほうが良い。
  • 転職した結果、その仕事(業務)が合わなくても20代ならやり直しが効く年齢。未経験の職業への転職は、早ければ早いほどメリットが多い。
  • 20代におすすめの業界は、将来性の高い業界。IT業界は、AIの需要がますます増加するため、仕事量も収益も増える一方。WEBと密接なインフラや技術に関わる業界に20代のうちに入り込んでおくと未来は明るい。
  • IT業界に属する職種がもっともおすすめ。とりわけIT業界のエンジニアは、給与水準が高いこともあって注目されている職業。
  • 20代におすすめのエージェントでは、転職経験の無い人向けにセミナーを実施している。転職に動く前に、まず転職活動の正攻法を学べるセミナーを受講しておくのがおすすめ。