20代後半の転職はなぜ厳しいのか【リスク回避する方法】

20代も後半になると、いままでのキャリアで30代に突き進むか、未経験の業界・業種へ挑戦するか。迷いも出てきます。

やってみたかった仕事があるけど、諦めていて未練がある場合は、20代後半が最後の挑戦のチャンスとも言えます。

しかし、未経験の業界・業種への転職にはリスクがあることも事実です。現在のキャリアの評価を引き継ぐのが難しいためです。

培ってきたスキルを転職先でどう活かせるのか。また、アピールに加えられる資格や新たなスキルを加えることで転職は有利になります。

この記事では、20代後半の転職は厳しい理由と、転職のリスク回避について解説します。

20代後半の転職が厳しい理由

  • 20代前半の転職者との競争に負ける
  • 未経験の業界・業種の風土が合わなかった
  • 評価を引き継げず、待遇が悪化する
  • 転職先でスキルが通用しなかった

20代後半の転職には、覚悟しておくべきリスクがあります。とくに転職先が未経験の業界・業種の場合には、上のようなリスクがあります。

未経験の業界に転職活動する場合は、新卒や20代前半の転職希望者との競争にもなるため厳しくなりがちです。期待値が同じくらいなら年齢の若い人を採用したいというのが採用側の本音だからです。

また、未経験の業界の風土に馴染なじめなかったり、前職の経験を十分に活かせない場合もあり、転職後に「こうじゃなかった」と後悔する可能性があることを覚悟すべきかもしれません。

いままでの業界と同じ業界で転職する場合は、待遇の向上を期待できます。しかし、未経験の業界では前職の評価を引き継ぐことが難しいため、待遇が落ちることも多くあります。

20代後半の転職ではポテンシャルよりもスキルが重視されるようになります。同じ業界・業種で転職するほうがスキルを活かしやすいため、厳しい状況を打開しやすいでしょう。

転職回数が多い場合は厳しい

20代の転職回数の平均は1回です。転職回数が2回以上あると転職経験が多い方であるとみられます。

採用側にとっては、「採用しても、またすぐに辞めてしまうのでは…」という不信感につながります。

転職が平均より多い場合は、転職エージェントを利用してプロのアドバイスを得ながら転職活動するのが確実な方法です。

女性が抱える厳しい側面もある

女性の場合は、20代後半は結婚を控えている年代になります。

採用側としては産休や育休を考慮しなければなりません。この点は転職希望者にとって厳しい状況となります。

女性の転職支援を強みにしている転職サービスを頼ることで、転職を成功させる可能性を高めることができます。

厳しい反面、期待もある

  • 採用側にとっては、転職希望者がつちかってきた経験やスキルに期待している。
  • 企業によっては、20代後半に対してもポテンシャル採用をおこなっている。

こういった点がポジティブに働くので、20代後半の転職があながち厳しいということはありません。

20代後半の転職は、未経験の業種に挑戦する最後の機会と考える人も多いでしょう。「未経験の仕事だけど挑戦したい」という強い希望や未練があるのなら、今こそ動くチャンスとも言えるわけです。

ポテンシャル採用とは

ポテンシャルとは、本人に秘められた可能性・能力のことです。現状のスキルに加えて、潜在的な能力が発揮されることへの期待も含めて採用するのがポテンシャル採用です。

リスク回避する方法

  1. 自己分析して入念にキャリア設計しなおす。
  2. 20代向け転職スカウトを利用してみる。
  3. 20代向け転職エージェントを頼って転職活動する。
  4. 挑戦する業界で通用する資格・スキルを取得する。

20代後半での転職では、リスク回避のために上の順番に行動すると良いでしょう。最初の「キャリア設計しなおす」というのは、とても重要な行動です。

①自己分析してキャリア設計

20代後半になるまでのキャリアを棚卸しする必要があります。「何が自分に向いていたか」「本当は何をやりたいのか」など、考えるのが億劫になる気持ちもわかりますが、今、キャリア設計するかしないかで将来は大きく変わります。キャリアを修正できるのが20代後半の今だけだからです。

キャリア設計を一緒に考えてくれるサービスもあります。プロの手助けを借りることで、本当になりたい自分に向けたキャリアを再設計できる確度は上がるでしょう。

ポジウィルキャリア

出典: ポジウィルキャリア
  • 20代・30代のキャリア設計をはじめ、必要なら転職までサポート。
  • ZOOMで受けられる キャリア無料相談 が好評。
  • 仕事や将来の悩み、キャリアの見直しなど人生設計を手助けするサービス。

ポジウィルキャリア のウェブページでキャリア無料相談を予約できます。ZOOMで45分間の面談ではありますが、プロに寄り添ってもらって人生の軌道修正をしたい人は、まず無料面談を受けてみると良いでしょう。求人の紹介はありません。

ポジウィル無料面談の案内を見る

②転職スカウトを利用

キャリトレ

出典: キャリトレ
  • 20代・30代向けのスカウト型転職サービス。 無料登録 →自分で応募も可能。
  • プロフィールを登録しておけばスカウト(オファー)が届く。
  • 企業側のほうで「自社に合う人材かどうか」を判断してくれるので、マッチング率が非常に高い。

キャリトレ はアプリで利用できるスカウトサービスですが、気になる求人にボタンひとつで応募も可能です。プロフィール(職務経歴書)を入力しておけば、企業からスカウトが届きます。待っているだけで転職の機会を次々につくれるサービスです。

キャリトレに無料登録して求人を見る

doda

出典: doda
  • 求人サイトと転職エージェントを合わせた総合転職サービス。
  • 経験者・即戦力の転職に強みを持つ。同業界で転職したい人に。
  • オファー機能を持つ。履歴書・職務経歴書を入力しておくとオファーが届く。

dodaは直接応募できる求人サイトとエージェントが合体している総合転職サービスです。カウンセリング(相談)・転職セミナーのほか、公開されている求人に応募もできる優れた転職サイトです。

dodaに無料登録して求人・セミナー情報を見る

利用登録してプロフィール(履歴書・職務経歴書に相当)を作成しておけば、それを見た企業がアプローチしてくれるサービスがあります。企業側で自社に合う人材かどうかを判断してくれるので、転職に成功する確度が非常に高くなります。

③転職エージェントを利用

20代の転職を専門にしていたり、未経験の求人を多く扱っている転職エージェントがあります。こういった転職エージェントを利用することで、未経験の業界・業種への転職活動を有利に進めることができます。

マイナビジョブ20's

出典: マイナビジョブ20's
  • 首都圏・東海・関西に就職希望の20代専用転職サービス。
  • 未経験の業界・業種への転職サポートにも強みを持つ。
  • 20代を希望する企業と、20代の利用者をマッチングするので満足度が非常に高い。

マイナビジョブ20's20代専門の転職エージェントです。東名阪地域での就職を希望する人に限られますが、競争が少ない分、良質な求人を紹介してもらえるので転職が有利になります。当てはまる人だけが利用できる特権です。

マイナビジョブ20'sに無料登録して求人・セミナー情報を見る

ハタラクティブ

出典: ハタラクティブ
  • 20代の第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェント。
  • はじめての転職や社会人未経験のサポートに強みを持つ。
  • 職務経歴書や面接対策など、転職活動に不慣れな人をしっかりサポート。

ハタラクティブ は、転職経験や社会経験がない人の転職活動をサポートする転職エージェントです。研修や教育体制を整えており、転職者の多くを大企業に送り込んできた実績があります。

ハタラクティブの利用案内ページを見る

④資格・スキルの習得

  • プログラミング
  • 簿記
  • 宅建士
  • TOEIC

プログラミングは資格ではありませんが、スキルとしてとても強くアピールできます。プログラミングができるだけで、多くの企業からスカウトが届く状態になります。エンジニアの収入は平均よりも高く、将来にわたって長く通用するスキルです。

簿記は、経理や会計の仕事ではなくても何かしら活きてくる資格です。2ヵ月くらいの学習で習得できます。私はIT業界で転職活動していましたが、どの面接に行っても「簿記持ってるんですね。」と聞かれました(笑)。「独立したときに役に立つと思って取りました。」という決め台詞ぜりふで、採用担当者に好印象を与えられます。

宅建士の資格は、実家のアパート経営を助けるつもりで取得したものです。不動産業界に限らず、宅建の資格取得を推奨する企業は多いです。金融業では不動産担保を取るし、保険業では家屋の火災保険の知識にもつながります。飲食や美容などの業界のようにテナントを借りて行う業種でも、賃貸契約の際に重宝される資格です。3~4ヵ月程度の学習で取得できます。

私は英語が苦手なので持っていませんが、TOEICで高得点を取っている友人を見ていると、転職がかなり有利である様子がわかります。彼は外資系の貿易の仕事ですが、転職活動を始めてすぐに内定が出ていました。外資系の企業に転職するなら、これほど強い資格はないでしょう。英語ができない私には羨ましい資格です。

まとめ

  • 20代後半で「未経験の仕事だけど挑戦したい」という希望や未練があるのなら、転職に動くチャンス。
  • 20代後半の転職には有利に働く面があるものの、転職先が未経験の業界・業種の場合にはリスクもある。
  • 20代後半の転職に有利で取得しやすい資格・スキルには、プログラミング、簿記、宅建士、TOEICなどがある。
  • 20代の転職を専門にしていたり、未経験の求人を多く扱っている転職エージェントを利用することで転職活動を有利に進めることができる。