20代で転職が決まらない原因【うまくいかないときの対策】

20代で転職しようと活動をはじめたものの、なかなか決まらない状況に悩む人も多いはずです。厚生労働省の調査を見ると、20代の転職期間は2~3ヵ月くらいが平均的です。

20代で転職が決まらないのは、経験やスキルが少ないため売り込むものがないのが原因です。そのため、ポテンシャルを買ってもらって転職することになります。

転職がうまくいかないときは、成功率の高い方法を取り入れてみたり、転職活動の方法を見直してみると効果を期待できます。

  • スカウトサービスは、企業側からアプローチしてもらえる転職活動の方法。スカウトのあった時点で、経歴やスキルが企業側のニーズを満たしていると判断できるため転職成功の確度は高くなる。
  • 転職活動の正攻法を学ぶセミナーを実施している転職サービスがある。初めて転職活動する人や、未経験の業界・職種を希望する人に向けた内容のセミナーもあるので、基本を学んで転職活動の方法を見直してみると良い。

20代も早々には決まらない


厚生労働省令和2年転職者実態調査

厚生労働省の調査を見ると、20代でも転職が早々には決まらないことがわかります。転職活動を始めてから3ヵ月以内に転職した人は約半数です。年齢が若いほど転職が決まらないようです。

20代前半の転職期間が長いのには、次の原因が考えられます。

  • 若いほど転職したことがない割合が多くなり、転職活動に手間取ってしまう。
  • 若いほど仕事を振られる立場にあるため、転職活動に充てる時間を確保しにくい。
  • 若いほど経験が足りなく、スキルがないため、転職先に買ってもらいづらい。

20代前半は、売り込むものがないというのが転職を困難にさせる要因です。経験やスキルが少ないため、転職活動でのアピール材料が無いわけです。加えて、就職してわずか数年で転職したいという、その動機が転職活動では正しく伝わりにくいと考えられます。

私自身の経験でも、「経験のない分野ですが、強く興味を持っています。」というアピールで、やる気を売り込んでポテンシャルを買ってもらいながら転職してきた感じです。20代だからこそ効く技だと思います。

第二新卒でも決まらない


厚生労働省令和2年転職者実態調査

仕事を辞めたあとに第二新卒として転職する場合でも、仕事はそうそう決まらないものです。厚生労働省の調査では2ヶ月を過ぎても転職が決まらない人は約半数にもなります。

25歳を過ぎると転職の期間は長くなりがちです。その原因は次のものが考えられます。

  • 25歳を過ぎると、第二新卒の枠には入っていないと考える企業も多い。
  • 今までの業界・職種に疑問を感じて、本当はやってみたかった職業を希望する転職者も多い。
  • キャリアを変えるラストチャンスなので、転職に慎重になっている。

転職市場においては、第二新卒はポテンシャルを買ってもらえる年齢層です。仕事がなかなか決まらないと感じても大半の人は6ヵ月以内に転職しているので、正しい方法でしっかり続けていけば心配はいらないでしょう。

転職が決まらない原因

  • 転職活動の方法を間違えているから
  • 経験・スキルが足りないから
  • 未経験の業界・職種を希望しているから

転職活動の方法を間違えているから

  • 転職活動をしたことが無いため正攻法がわかっていない。
  • 自己流で応募しながら転職活動を続けている。

転職活動をしたことが無いと、正攻法を知らないまま自己流で転職活動することになります。応募や面接を繰り返しながら、だんだんとコツを掴んでいけば良い。と考えている人もいるでしょう。

転職活動の正攻法とは「企業の求人ニーズにハマるように逆算する」ということです。1社1社の求人ニーズを分析して、そのニーズにハマるように戦略を立てる必要があります。転職が決まらない人は、企業のニーズに応えるようなアピールができていない可能性があります。

転職活動をしたことが無い場合は、転職活動のやり方を学べるセミナーを受けると効果的です。職務経歴書の書き方や採用担当者目線の面接対策など、すぐに転職に役立つ知識を学ぶことができます。

経験・スキルが足りないから

  • 業務経験が浅いので経歴として評価されていない。
  • 給料や待遇などの条件を高望みしすぎている。

20代前半で転職する場合は、業務経験が数年しかないまま職務経歴として不十分な状態で転職活動することになります。つまり、売り込むものが無い状態というわけです。

経験・スキルが足りないのに、それに見合わない給与や待遇の求人に応募しても転職は決まらないでしょう。どうせ転職するなら今までよりも高い給与を望む気持ちはわかります。

最低限の給与や待遇を決めておいて、その条件を満たしつつ適性を重視して選ぶと転職が決まりやすくなります。適性の合う仕事は長く続けることができ、経験・スキルを身につけていくことにつながります。

未経験の業界・職種を希望しているから

  • いままでの経験を引き継ぐことができない。
  • 未経験の職業でも通用するスキルを持っていない。

未経験の業界・職種を希望している場合は、なかなか転職が決まらないのは仕方ないことです。せっかく新しいことに挑戦したいという気持ちがあるのに、動機がうまく伝わらないのはもどかしいものでしょう。

いままでの経験を引き継ぐことができないため、その経験を転職先でどう活かすことができるかを上手く置換してアピールする必要があります。もし、趣味が高じて、仕事で通用するほどのスキルを持っているならアピール材料にできます。

未経験の業界・職種を希望するときは、給与や待遇は最低限でも仕方ないと割り切る心づもりあれば、転職が決まりやすいでしょう。未経験の仕事なんだから、慣れるまでは残業も当たり前。その覚悟を持てないなら、経験を引き継ぐことができる仕事しか選べないと考えておいたほうが良いです。

20代の転職に特化した転職サービスがあります。未経験の転職希望者へのサポート体制を持っているため、どうしてもやってみたい仕事・職業がある人は利用を検討してみると良いかもしれません。

転職がうまくいかない原因

  • 「辞めたい」が転職の動機になっているから
  • 手当たり次第に応募しているから

「辞めたい」が転職の動機になっているから

  • すぐにでも辞めたいほど今の仕事が嫌。
  • 辞めるための口実にしたくて転職先を探している。

今の勤め先が嫌で早く辞めたくて転職活動している場合は、転職の動機が「辞めるため」になってしまいます。辞めたいから転職したいというのは、転職の動機としてよくありません。

転職の動機は、ポジティブであることが鉄則です。企業側が聞きたい動機とは、「企業はたくさんあるのに、なぜウチじゃなきゃダメだったのか」というところです。「今の勤め先を辞められるなら何でもいい」というのは、まったく動機になっていないわけです。

今の勤め先を辞めたいというネガティブな気持ちで転職活動をしても、気持ちが前向きにならないため、面接でも転職の動機をうまく話すことができないでしょう。「辞めたい」場合は、まず辞めることを優先するべきです。

手当たり次第に応募しているから

  • 「数打ちゃ当たる」という思考になっている。
  • 応募することが安心感になっている。

転職がうまくいかない人がやりがちなのは、応募する数をむやみに増やしてしまうことです。「数打ちゃ当たる」という思考回路になってしまうと、応募しても面接しても不採用が続くことになります。

手当たり次第に応募するのではなく、動機を語れる企業に絞って応募していかなければなりません。どうしてもその企業で働きたい動機があるから応募するというのが自然なのです。

なかなか転職活動がうまくいかないと、応募することが安心感になっていきます。しかし、転職における本当の安心とは「自分のやりたいことができる企業が見つかったとき」に感じるものです。応募を繰り返すのでなく、自分のやりたいこととは何なのかを明確にして、企業を絞って応募していくのが転職活動のあるべき姿です。

転職がうまくいかないとき

  • スカウトサービスを活用して、企業側からアプローチしてもらう。
  • 転職活動の正攻法を学べるセミナーを受けて、軌道修正する。

スカウトサービスを活用する

スカウトサービスは、企業側からアプローチしてもらえる転職活動の方法です。プロフィール(職務経歴)を入力して置いておけば、そのプロフィールを見てニーズを感じた企業がスカウトしてくれます。

スカウトのあった時点で、経歴やスキルが企業側のニーズを満たしていると判断できるため転職成功の確度は高くなります。採用される可能性がわからないまま応募し続けるよりも、スカウトしてくれた企業にだけ応募するほうが効率的です。

20代に特化したスカウトサービスもあります。とうぜん企業側も、20代は経験が浅くスキルがないことを織り込み済みで利用しているため、20代の転職希望者なら利用するのが得策です。利用は無料です。

スカウト型(オファー)転職サイトで面接確約!成功率を上げる

転職セミナーを受ける

転職活動の正攻法を学ぶセミナーを実施している転職サービスがあります。職務経歴書の書き方や採用担当者目線の面接対策など、すぐに転職活動に活かせる知識を学ぶことができます。

初めて転職活動する人や、未経験の業界・職種を希望する人に向けた内容のセミナーもあります。転職がうまくいかないと感じている場合は、セミナーで基本を学んで転職活動の方法を見直してみると良いでしょう。

転職で足が止まるならセミナーでプロに学ぶ正攻法が効く!

まとめ

  • 厚生労働省の調査を見ると、20代でも転職が早々には決まらないことがわかる。20代前半は、売り込むものがないというのが転職を困難にさせる要因。
  • 仕事を辞めたあとに第二新卒として転職する場合でも、仕事はそうそう決まらない。
  • 転職が決まらない原因は、転職活動の方法を間違えているから。経験・スキルが足りないから。未経験の業界・職種を希望しているから。
  • 転職がうまくいかない原因は、「辞めたい」が転職の動機になっているから。手当たり次第に応募しているから。
  • スカウトサービスは、企業側からアプローチしてもらえる転職活動の方法。スカウトのあった時点で、経歴やスキルが企業側のニーズを満たしていると判断できるため転職成功の確度は高くなる。
  • 転職活動の正攻法を学ぶセミナーを実施している転職サービスがある。初めて転職活動する人や、未経験の業界・職種を希望する人に向けた内容のセミナーもあるので、基本を学んで転職活動の方法を見直してみると良い。