転職活動にどっと疲れた20代向け【気分的に楽になる方法】

私は20代に6回の転職をしてきましたが、毎度毎度、転職活動では何とも言えない嫌な気分と付き合うことになります。この嫌な気分は何なのか。言葉にしづらいですが、自分のやっていることが正解かどうかわからないことへの憂鬱とでも言うべきか…。

自分から転職したいと思ったはずなのに、「なんでこんな目にあってるんだろう」という気すらしてきます。面接がうまくいった時でさえも、外に出た瞬間にどっと疲れてぐったりしながら家路についていたものです。

転職先が見つからないのは嫌だけど、転職先が見つかったとしても「慣れない環境で1からやり直しか」と思うと結局、転職で向かう先には憂鬱しかない。この理不尽な行動をしている自分に納得がいかないのかもしれません。

転職活動を少しでも効率的にする方法を取り入れると疲れを軽減できます。企業側からスカウトしてくれる方法なら、その時点で経歴やスキルに企業側が納得しているため、採用の可能性が高い企業に絞って応募していくことができます。精神的にも楽になるでしょう。

転職活動は疲れるもの

  • 希望条件に合う転職先探しは時間がかかる。
  • 応募書類作成はとにかく頭が疲れる。
  • 面接のあとの疲労感がすごい。
  • 不採用の通知が届くとメンタルがやられる。

転職活動中というのは、とにかく精神的に疲れるものです。とくに面接の疲労感はハンパない。面接が上手くいったとかに関係なく、なんか嫌な気持ちになってしまうのは何なのか。

絶対に落ちたくない会社からは不採用通知が届き、そんなに熱を入れてない会社に限って面接が通ってしまう矛盾。転職活動はこっちが選ばれる立場なので、その不公平な感じにもなんだか疲れます。

転職先探し

  • 良い求人を見逃すわけにはいかないので、気が抜けない。
  • 気になる企業には、同時に企業研究もしなければならない。

転職先を探す作業は、転職サイトなどを見ながら希望条件を満たす求人をひたすらチェックしていきます。よい求人を見逃さないようにするため気が抜けません。

企業のホームページなども同時に確認していきますが、けっこう疲れる作業です。せっかく良い条件の求人を見つけたと思っても、募集が終わってしまうこともあります。

転職先探しの負担を軽くする方法があります。企業側からスカウトしてもらう方法なら、プロフィール(職務経歴)を入力して置いておけば、企業側で「自社に合う人材だ」と判断したときにスカウトしてくれます。

スカウトされた時点で採用の確度が高いと考えられるため、わざわざ自分から無理に探す労力をカットできます。20代に特化したスカウトサービスがあるので、興味があれば無料登録してプロフィールを置いてみると良いでしょう。

応募書類作成

  • 帰宅後や休日などにまとまった時間を作らなければならない。
  • 書類の記入は、字を間違えたら一からやり直し。
  • 1社1社に志望動機や自己PRを考えなければならない。

応募書類の作成には、まとまった時間が必要で、勤めている場合はその時間を確保するのが大変です。せっかくの休日が潰れてしまうこともあります。

PCで作成するのが一般的になっていますが、手書きで書類を作るときは字の間違いが無いように神経を使うので疲れるものです。もし、字を間違えたら一から作り直しというのもストレスです。

私は応募書類作成がムダで嫌いです。転職サービスから応募している場合は「プロフィールを掲載してるんだから、そっちでプリントすればいいじゃん。」と思います。でも、今後は履歴書・職務経歴書をわざわざ紙で用意して渡すというムダは無くなっていくでしょう。

面接

  • そもそも面接が苦手で、苦痛。
  • 面接官にマウントされても、笑顔で答えなければならない。
  • 「面接」がくだらないものだと感じている。
  • 面接の感触が良いと採用に近づいていくが、本当にその企業で納得できるかわからない。

転職活動のなかでもっとも疲労感を覚えるのが面接だと思います。面接に行く前は緊張感に心休まらず、面接中は頭をフル回転させて対応し、面接のあとはどっと疲れが出てきます。

このいやーな気分はなんなのか。転職が嫌なのか、こんな人生を選択している自分が嫌なのか。世の中の他の転職中の人もこんなに疲れているんだろうかと、つい考えてしまいます。

私は面接の茶番劇が嫌いで、くだらないと感じてしまいます。面接で私の何がわかるんでしょうか。それより「酒でも飲みながら話しませんか」と思ってしまいます。

面接のあとの疲れとは、やり切った充実感なんかではなく、むしろ「こうでもしなきゃ生きていけない自分への虚無感」かもしれません。だから、面接が終わって外に出た瞬間に、急にちっぽけな自分が見えて、変な嫌な気持ちになるのかも。

不採用

  • 「この企業しかない」と思っていた場合のダメージがすごい。
  • 不採用が続いても、無理して気持ちを切り替えていかなければならない。

転職活動が疲れるのは、こっちは「この企業しかない」くらいの気持ちで応募しているのに、一方的に不採用にされてしまう無力さにもあります。一生、不採用なんじゃないかという絶望感。

それでもなんとか気持ちを切り替えて、次の企業に向かっていかなければなりません。不採用と言われると、自分が否定されたような気持ちにもなりますが、単に縁が無かったというだけのこと。

転職活動に疲れたら

  • 転職活動からいったん離れてみる
  • 転職活動が楽になる方法を取り入れてみる

転職活動に疲れたら、いったん離れてみると良いでしょう。仕事でも、いったん休憩すると、休憩後の仕事がはかどった経験がある人は多いと思います。転職活動でもリフレッシュが大切です。

転職活動からいったん離れてみる

転職活動に疲れたら、思い切って転職活動からいったん離れてみるのも良い方法です。名産品を食べに行くのでもよいし、温泉に行くのでもよいし、とにかく転職のことを忘れられる時間をつくるのが大切です。

私自身は転職活動に疲れたときはバイクで小旅行に出ることにしていました。転職にも慣れてくると、旅行が気分転換に良いことが体験的にわかってきました。一度食べてみたかった讃岐うどんを食べに行ってみようと、夜中に四国に向かって出発したことがあります。東京と違って、四国の時間の流れはとてもゆっくりしていました。現地でのんびり働いている人たちを見たら、転職の悩みなんてそんな大したことじゃないようにも感じました。転職活動に疲れたら、美味しいものを食べにちょっと旅行に出かけてはどうでしょうか。

負担のない方法を取り入れてみる

転職活動を続ける気力がある場合は、自分の負担を少なくする方法を取り入れてみると良いかもしれません。企業側からスカウトしてもらえるサービスなら、採用の確度が全く不明な企業に応募するという転職活動のムダを削減できます。

スカウトサービスにプロフィール(職務経歴)を置いておくと、企業側がプロフィールを見て「ウチの欲しい人材かも」と判別したうえでスカウトしてくれます。企業が先に選別してくれているので話が早いわけです。

  • 利用は無料。(私は登録しっぱなしにして常に利用しています。)
  • スカウトしてくれた企業から、応募してみたい企業を選べる。
  • 採用される見込みがない企業への応募を避けることができる。
  • 企業側がアプローチしてきた手前、面接でも話しやすい。
スカウト型(オファー)転職サイトで面接確約!成功率を上げる

まとめ

  • 転職活動では何とも言えない嫌な気分と付き合うことになる。自分のやっていることが正解かどうかわからないことへの憂鬱かもしれない。
  • 転職先探し、応募書類作成、面接、不採用など、精神的に疲れることばかり。とくに面接の疲労感はハンパない。
  • 面接に行く前は緊張感に心休まらず、面接中は頭をフル回転させて対応し、面接のあとはどっと疲れが出てくる。
  • 転職活動に疲れたら、いったん離れてみると良い。仕事でも、いったん休憩すると、休憩後の仕事がはかどるもの。
  • 転職活動でもリフレッシュが大切。名産品を食べに行くのでもよいし、温泉に行くのでもよいし、とにかく転職のことを忘れられる時間をつくるのが大切。
  • 転職活動を続ける気力がある場合は、自分の負担を少なくする方法を取り入れてみると良い。企業側からスカウトしてもらえるサービスなら、採用の確度が全く不明な企業に応募するという転職活動のムダを削減できる。