仕事辞めたいのに転職が決まらない【苦境を乗り越える方法】

仕事を辞めたいのに転職先が決まらない状況というのは、精神的に苦しいものです。

私は20代に6回の転職経験がありますが、仕事を続けながら転職活動したこともありますが、転職が決まったことがありません。いずれも辞めたあとに転職活動することになりました。

「仕事を辞めたい」という気持ちで転職活動をしても、辞めることが動機になってしまいます。それではなかなか転職が決まりません。もっと転職の成功率を上げる楽な方法を取り入れてみると良いでしょう。

  • オファーを利用して応募する方法:プロフィールに入力した経歴やスキルを、あらかじめ企業側が確認したうえでオファーしてくれる。採用の可能性が低い企業への応募を避けることが可能。
  • 転職の正攻法をセミナーで学ぶ方法:セミナーでは、転職活動の基本知識、職務経歴書の書き方、採用担当者目線の面接対策など、すぐに転職に役立つ知識を学べる。
働きながら転職活動【進め方・面接日程調整・入社日まで】

辞めたいのに決まらない

  • 辞める方を優先する
  • 転職活動の方法を変えてみる

仕事を辞めたいのに転職が決まらない場合は、いっそ辞めたあとに転職活動するか、転職活動の方法をガラッと変えてみるか。どちらかの方法で対処することになります。

「辞めたい」と思いながら続ける転職活動は、転職先が見つからなければ辞められないという苦しみを自分に課しているようなものです。このような心境では、転職活動そのものが息苦しくなってしまいます。

転職活動を続ける気力があるなら、転職活動の方法を見直してみると良いでしょう。企業選び、書類作成、面接など、やり方に間違いが見つかるかもしれません。

なぜ決まらないのか

  • 「辞めたい」と思うくらい今の仕事が嫌なので、実際は転職活動に気持ちが入っていない。
  • 「辞めたい」が転職の動機になっているため、志望動機が間に合わせになってしまっている。
  • 面接で、「辞めたいから転職活動している」と見破られている。

「今の仕事を辞めたい」という気持ちが転職の動機になっていると、転職は決まりにくいかもしれません。面接で「どうして転職したいのか」「志望動機はなにか」を聞かれたときに、今の仕事に対するネガティブな心境が混じってしまうことがあります。面接では見抜かれるでしょう。

仕事を続けながら転職活動して転職を決めた人は、今の仕事から逃げたいと思って転職したのではなく、「もし条件の良い会社があったら転職しちゃおう♪」というポジティブで要領の良い転職をしている傾向があります。

嫌な場所から退避することは「転職」ではなく「退職」です。仕事を辞めたい人は、転職を探すよりも先に、退職することを優先したほうが良いかもしれません。

辞めたいと思うほどのブラックな職場なら、辞めにくい可能性があります。もし転職先が決まったとしても、なかなか辞めさせてもらえないという本末転倒な状況になることを想定しておいた方が良いでしょう。

辞める方を優先する

仕事を辞めたあとに転職活動するメリット・デメリット
メリット デメリット
辞めたことでスッキリと転職活動に入れる。 辞めたせいでブランクが生じる。
転職活動に十分な時間を充てられる。 転職活動中に貯蓄を切り崩すことになる。
早く職を得ようと転職活動に気合いが入る。 不採用が続くと焦燥感に駆られる。
面接の都合をつけやすい。 失業中は自己管理が大変。

仕事を辞めたいのに転職が決まらないと、転職先が見つかるまで辞めることができないという苦境おちいってしまいます。じつは「仕事辞めたい」けど「転職が決まらない」には因果関係があります。

「仕事辞めたい」というマイナスの気持ちが苦しくて、「転職したい」というプラスの気持ちに都合の良く転換している可能性があります。仕事を辞めたいという気持ちは、仕事を辞めなければ解決しません。辞めることを優先すべきなのです。

つまり、仕事を辞めたいから転職したいと考えるのは、転職の動機にはなっていないということです。転職先を探して志望動機を考えても、今の仕事を辞めたいことが動機として出てしまうため、隠そうとしても志望動機や面接で見抜かれて、それで転職が決まらない。ということになります。

仕事を辞めたいなら、転職先を探すよりも、仕事を辞めることを優先すべきなのです。その方が、スッキリした気分で転職活動することができるため、転職成功の確度も高くなるでしょう。

転職活動の方法を変えてみる

  • オファーを利用して応募する
  • 転職の正攻法をセミナーで学ぶ

転職が決まらない状況に陥っている場合は、転職活動の方法を変えてみると打開できる可能性があります。とくに、自分で応募している場合は、我流の転職活動にこだわってしまって、転職活動の基本を見落としていることがあります。

もっと転職の成功率を上げる楽な方法を取り入れてみると良いかもしれません。

オファーを利用して応募する

企業側からオファーしてもらう方法なら、転職が決まらない悩みを根本から解決することができます。プロフィールに入力した経歴やスキルを、あらかじめ企業側が確認したうえでオファーしてくれるので、その企業のニーズに合致していることが明白だからです。

オファーしてもらうには、オファー機能を持つ転職サイトを利用します。利用登録してプロフィール(職務経歴)を仕上げておくと、企業側が「自社が求める人材だ」と確認してオファーしてくれます。

なかなか転職が決まらない状況に陥ると、とにかく転職したい一心で応募を繰り返す状態になりがちです。しかし、求人ニーズに合っていない企業に応募を繰り返したところで、不採用が続くのは当たり前のこと。

オファーを利用して転職活動することで、自分の経歴・スキルがどのような企業にニーズを感じてもらえるのかという判断材料にもなるでしょう。採用の可能性が低い企業への応募を避けるという意味でも、オファーは効率的な転職活動の方法です。

スカウト型(オファー)転職サイトで面接確約!成功率を上げる

転職の正攻法をセミナーで学ぶ

転職の正攻法をセミナーで学ぶ方法なら、転職が決まらない原因を見直すきっかけになるでしょう。セミナーでは、転職活動の基本知識、職務経歴書の書き方、採用担当者目線の面接対策など、すぐに転職に役立つ知識を学べるからです。

セミナーを実施している転職サイトは限られますが、それぞれに異なる強みがあります。全国に支店を持ち、各地の企業を紹介できる体制を持つ転職サイトもあります。20代の求人だけを取り扱う転職サイトもあります。

自身の環境や希望に合った転職サイトを利用することで、転職成功の確度は上がるでしょう。転職活動の方法を学べるセミナーは割と頻繁に開催されているので、まずセミナーを利用して転職活動の方法を見直してみると良いでしょう。

転職で足が止まるならセミナーでプロに学ぶ正攻法が効く!

まとめ

  • 仕事を辞めたいのに転職が決まらない場合は、いっそ辞めたあとに転職活動するか、転職活動の方法をガラッと変えてみるか。どちらかの方法で対処することになる。
  • 「辞めたい」と思いながら続ける転職活動は、転職先が見つからなければ辞められないという苦しみを自分に課しているようなもの。
  • 「今の仕事を辞めたい」という気持ちが転職の動機になっていると、転職は決まりにくい。仕事を辞めたい人は、転職を探すよりも先に、退職することを優先したほうが良い。
  • 「仕事辞めたい」けど「転職が決まらない」には因果関係がある。「仕事辞めたい」というマイナスの気持ちが苦しくて、「転職したい」というプラスの気持ちに都合の良く転換している可能性がある。
  • オファーを利用して転職活動することで、自分の経歴・スキルがどのような企業にニーズがあるのか。という判断材料にもなる。採用の可能性が低い企業への応募を避けるという意味でも、オファーは効率的な転職活動の方法。
  • 転職の正攻法をセミナーで学ぶ方法なら、転職が決まらない原因を見直すきっかけになる。セミナーでは、転職活動の基本知識、職務経歴書の書き方、採用担当者目線の面接対策など、すぐに転職に役立つ知識を学べる。