働きながら転職活動は無理か【7割以上は在職中に開始】

在職中の転職活動は無理そうな印象を持ちがちです。しかし、転職経験がある人のほとんどが働きながら転職活動しています。仕事しながら転職活動するのは王道と言えるでしょう。

しかし在職中の転職は、時間を確保するのが難しいものです。とくに面接を受けるための、残業時間の調整や、面接の日に有給休暇を取得してスケジュール調整するのに気苦労します。

効率的に転職活動するなら、スカウト(オファー)型の転職サイトが有効な方法です。プロフィール(職務経歴)を入力して置いておけば、企業側が「自社が求める人材だ」と確認してスカウトしてくれます。転職活動のきっかけをスカウトにすれば、企業探しの手間が省けます。

働きながら転職活動【進め方・面接日程調整・入社日まで】

在職中の転職活動は無理か


株式会社BizHitsによる調査結果

働きながら転職活動するのは大変そうな感じがしますが、じつは転職経験者の多くが働きながら転職活動していたことがわかります。割合としては4人のうち3人は働きながら転職活動していたことになります。

つまり、仕事をしながら転職活動するのは無理なことではなく、むしろ王道と言えるでしょう。転職先が見つからなくても職を失うリスクを回避でき、精神的な余裕になります。仕事をしていない状態と比べて、行動力を高く持ち続けやすいです。

在職中の転職について多くの人が「無理だ」と想像するのは、面接日時の調整かもしれません。平日に面接を受けることが一般的ですが、近年はオンライン面接や定時後に調整してくれる企業も増えています。

在職中の転職活動は、面接のための時間をいかにうまく調整できるかが鍵となるでしょう。

在職中の転職は難しいのか

  • 応募するための応募書類を作成する時間を作るのが大変。
  • 面接を受けるために残業や有給休暇の調整が大変。
  • 転職へ向けたモチベーションの維持が大変。
  • 今の勤め先を辞めるときの手間が気掛かり。

在職中の転職は、時間を確保するのが難しいものです。応募書類を作成したり、平日に面接するのが大変であることは想像に難くないでしょう。

応募書類の作成は時間がかかる作業です。企業研究して、その企業にハマる志望動機と自己PRを考えなければなりません。応募する企業の数だけ履歴書・職務経歴書を用意する必要がありますが、その時間を確保するのが大変です。

面接を受けるために、残業時間を調整したり、面接の日に有給休暇を取得してスケジュール調整するのも気苦労します。面接が二次、三次と続いていく可能性があるので計画性が必要です。

私がもっとも難しく感じたのは、「転職したい」というモチベーションを維持することです。在職中の転職は、最悪、転職先が見つからなくても今の仕事を続けることがある意味、逃げ道となります。そのため、不採用が続いたときに何度も「転職はあきらめようかな」という気持ちになりました。転職へ向けたモチベーションを維持するのには結構な精神力が要ると感じました。

転職先が見つかったとしても、今の勤め先を辞めるために退職へ向けた行動をしていくのも気掛かりになります。上司に何て言おうか。納得してもらえるのか。引継ぎは間に合うだろうか。といった心配が頭から離れませんでした。

いつ辞めることになっても引継ぎできるように、先回りして引継ぎ用の資料を作っておきました。上司に話すときにも「引継ぎできるように準備はしてあります」と言えれば、退職の説得材料となります。

働きながら転職活動できない

  • 今の仕事に全身全霊で打ち込むのが勤め人。
  • 在職中の転職活動が、浮気のように感じられて心理的に無理。
  • 勤め先を裏切っているような気持ちになり、いまいち転職活動に身が入らない。

働きながら転職活動できないという人もいると思います。時間を作れないとか、日程調整できないとかではなく、心理的にできないというものです。

そもそも転職というものに対して、辞めたあとに転職活動するのがマナー。転職先が見つかったらすぐ働ける状態であることが礼儀。というような考え方の人は、働きながら転職活動できないタイプと言えます。

私は働きながら転職活動できないタイプです。考え方がマジメすぎて、ある意味要領が悪いのを自覚しています。そのため私の転職歴のほとんどは、まず退職してから転職活動をはじめています。

働きながら転職活動できないと感じるなら、退職してから転職活動するほうが効率的かもしれません。

退職してから転職活動するメリット・デメリット
メリット デメリット
辞めたことでスッキリと転職に向き合える。 辞めたせいで経歴にブランクが生じる。
転職活動に十分な時間を充てられる。 転職活動中に貯蓄を切り崩すことになる。
早く仕事を見つけようと気合いが入る。 不採用が続くと焦燥感に駆られる。
面接の都合をつけやすい。 失業中は自己管理が大変。

在職中の転職に使える方法

  • スカウトサービス:プロフィール(職務経歴)を置いておけば、企業側からアプローチしてくれる。希望条件に当てはまる企業にだけ応募していけば良いので効率的。
  • 転職エージェント:経歴と適職診断結果を使って希望条件に近い仕事を紹介してもらえる。紹介に応じた場合、応募書類を渡して面接日時の調整まで任せることができる。

スカウト(オファー)型の転職サイトが主流になりつつあります。プロフィール(職務経歴)を入力して置いておけば、企業側が「自社が求める人材だ」と確認してスカウトしてくれます。

在職中の転職活動では、自分に合う企業を探すところから始めなければなりません。スカウトサービスでは、企業側がニーズを感じて行動してくれるため、転職希望者は「網を広げておく」ような使い方をすることができます。在職中の転職活動のきっかけに有効な方法です。

転職エージェントは、登録時に経歴と適職診断をおこない、本人の適性に合う企業を探すところからサポートしてくれます。紹介に応じた場合は、応募書類を作成して渡すと、企業側と面接の調整までお任せできます。在職中の転職活動の負担を軽減できる方法です。

転職活動の方法を学べるセミナーを実施しているので、転職活動に入る前に受講しておくと、転職活動の正攻法やコツを活用していける準備が整います。

まとめ

  • 働きながら転職活動するのは大変そうな感じがしますが、じつは転職経験者の多くが働きながら転職活動している。仕事をしながら転職活動するのは無理なことではない。
  • 在職中の転職は、時間を確保するのが難しいもの。面接が二次、三次と続いていく可能性があるので計画性が必要。
  • 在職中の転職は、最悪、転職先が見つからなくても今の仕事を続けることがある意味、逃げ道となる。そのため、不採用が続いたときに何度も「転職はあきらめようかな」という気持ちになったこともある。
  • そもそも転職というものに対して、辞めたあとに転職活動するのがマナー。転職先が見つかったらすぐ働ける状態であることが礼儀。というような考え方の人は、働きながら転職活動できないタイプ。働きながら転職活動できないと感じるなら、退職してから転職活動するほうが効率的。
  • スカウトサービス:プロフィール(職務経歴)を置いておけば、企業側からアプローチしてくれる。希望条件に当てはまる企業にだけ応募していけば良いので効率的。
  • 転職エージェント:経歴と適職診断結果を使って希望条件に近い仕事を紹介してもらえる。紹介に応じた場合、応募書類を渡して面接日時の調整まで任せることができる。